スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

年末年始営業スケジュールのお知らせ

【年末年始営業スケジュールのお知らせ】  
実店舗、オンラインストアともに12/31-1/2まで冬季休業をいただきます。

【オンラインストアのご注文につきまして】  
12/29までにご入金の確認が取れましたお品物は12/30に発送。  
新年の最初の発送日は1/4となります。

どうぞよろしくお願い致します。


イベント "Yay! Yay! Yay! folktonika and miki takahashi" the movie

イベント「1R joint exhibition " Yay! Yay! Yay! folktonika and miki takahashi"」ご来場ありがとうございました。
エピソに物語と笑顔があふれた9日間でした。先日アップの前半部分に加え後半の様子と最終日の夜に行われた”nice to meet you”のパーティの模様(楽しすぎてちょっとしか動画撮ってませんでしたxx;)も追加した完成版ムービーです。

イベント "Yay! Yay! Yay! folktonika and miki takahashi" いよいよ明日からです。

明日から開催!foiktonikaさんとmiki takahashiさんのイベント、スケジュールをおさらいしておきますね。
●会期
 12/10 - 12/18  12:00 - 19:00(最終日のみ17:30まで)
●作品展示・販売
 12/10 - 12/18 12:00 - 19:00(最終日のみ17:30まで)
□folktonikaさん在店
 12/10 12/11 12/17 12/18 終日
□folktonikaさんワークショップ
 12/10 12/11 12/17 12/18 12:00 - 日没(10・11日追加開催決定!)
 ご予約不要(所要時間20分〜30分) 
☆miki takahasiさん在店
 12/10 12/11  終日
☆miki takahasiさんワークショップ
 12/10 12/11 12:00 - 18:00
 ご予約不要(所要時間3分〜5分)

こんな感じです^^
ブログの更新が追いつかず、イベント内容のご紹介があまりできていないのですが、facebookのイベントページでfolktonikaさんやtakahashiさんも投稿していただいていますのでぜひそちらもご参照ください。
https://www.facebook.com/events/557507091116198/
今夜は設営です。どんな空間になるのか僕も楽しみ。ご来場お待ちしております!

イベント "Yay! Yay! Yay! folktonika and miki takahashi" ワークショップ

今週末から始まるイベントに先駆け、高橋さんから缶バッジのサンプルが届きました! 今週末12/10(土)12/11(日)は高橋さんも来場。即興で似顔絵やリクエストにお答えしてイラストを描いてくれます。そしてイカした缶バッジへ。
迷いなく描かれたカリカリっとした線が生み出すなんとも言えない愛らしさ。ポスターなども販売します。ぜひMIKI TAKAHASHIワールドを楽しみにお越しください。

○「1R Joint Exhibition Yay! Yay! Yay! folktonika and miki takahashi」
会期 : 12/10(土 )- 12/18(日) 12:00-19:00(最終日のみ17:30まで)
○MIKI TAKAHASHI 缶バッジワークショプ
開催日 : 12/10(土) 12/11(日) 両日12:00 - 18:00
1個につき約5分/500円でお作りします。先着順にてお承り致しますのでご予約は不要です。混雑の際はお待ち頂く場合がございますこと何卒ご容赦下さいませ。


new arrival EPISO original cabinet

EPISOオリジナルのガラスキャビネットを福井県産のナラ材を使って作りました。

昨年から「奥ゆかしい家具」というキーワードが頭から離れずにいました。それってどんな要素を持ったものだろう、と思いを巡らせていたのですが細部のデザインやサイズにこだわるとともに全体が空間にどう影響するのか、もしかしたら家具を作るというのではなくむしろカウンターエッジと言われるような物質の輪郭が作る余白の美しさが空間に奥ゆかしさを形作るのではないか、と止めどないところまで思考が伸びて1年近くかかってしまったのですが、一つの形として表現できたのではないかと思っています。



素材の持つ純朴さを形や機能にどのように落とし込んでいくのか。当たり前のような漠然としているようなことになりますがその辺りに重要なファクターが潜んでいるのではないか。作為的になってはいけないが、自然に見えるその裏に計算され職人の技術がふとした拍子に見える。そんなバランスの良さが美しい家具にはあると思います。



そうは言うものの形になって初めて見えてくる部分もあり。もっとクオリティは上げることができると思っています。次回はここをもっとこうしたい!という欲がむくむく。展示のプロトタイプでよろしければお安くさせていただきますので店頭にてご相談ください。

高さを半分で、引き出しの位置を変更、などこちらの展示品をベースにしたオーダーでの製作もお承りいたします。ぜひぜひアイデアやご要望、お聞かせください。