スキップしてメイン コンテンツに移動

ポスタープロジェクト その2



進行中のポスタープロジェクト、今日は作家さんのご紹介です。

今回最高に素敵な絵を描いてくださったのはパリを拠点に活動されているyukiko Noritakeさん。画家であり、グラフィックデザインやイラスト制作なども手掛けていらっしゃいます。


Yukiko Noritake instagram
https://www.instagram.com/yukkosartpost/

今年の初夏にはパリのティーハウス”artéfact”のギャラリースペースにて個展”La Maison”を開催されました。その個展用に描かれた絵の数々が素晴らしくて。静寂感がありながらその内面から穏やかに語りかけてくる詩的な物語を感じました。

artéfact  website
http://artefact-marais.com

上記のような画家としてだけでなくグラフィックのお仕事もされているので、作風の幅も広いのが彼女の特徴の1つでもあります。先日ご紹介した写実的な人物画からクラシックなテイスト、そして何と言っても彼女独特のファンタジーな要素まで様々なモチーフを描かれています。

そしてそれらは絶妙なスモーキーでアンニュイな色合いでしっかりと共通性を持って彼女の世界として表現されているのです。

作家さんというと自分の描きたいものだけ描くというスタイルが主流だと思うのですが僕からのモチーフの指定や雰囲気の要望などにもしっかりお応えただいて(我ながら作家さんに対して図々しいとは思ったのですが!)まずは5種類の絵を描いていただきました。

どん!と大きい作品を1枚飾るのも良いんですが、彼女の美しい色の組み合わせが生み出す美しさを楽しんでいただきたいと思い、小さなアートフレームをたくさん並べるスタイルを前提としたサイズで制作しています。

今日の画像は”La Maison”でもメインビジュアルになった建物、岩、抽象物が融合したモチーフをエピソバージョンで描いていただいたもの。そしてとても素敵な気球の2作を。確かなデッサン力と色彩感覚、とても彼女らしい作品だと思います。

ポスターの販売開始、9月中旬頃になりそうです。また進捗お知らせいたしますね。




コメント

このブログの人気の投稿

ごはんやTemana

11月11日に鯖江に新しいカフェがオープンします。EPISOからも北欧ヴィンテージのソファやチェア、オリジナルのアイアンレッグテーブルなどの家具を納品させて頂きました。
和風の建物を改装した渋可愛い内装に仕上がっていました。席数も30席程ある立派なお店で、変化に富んだ空間でした。行くたびに違った席に座って楽しめそうです。
鯖江でのランチ、カフェタイムに是非お立ち寄り下さい。
『ごはんやTemana』 11/11 am11:30 open 福井県鯖江市丸山町1−6−25
0778-52-1007 lunch 11:30-15:00
cafe 14:30-18:00
last order 17:30

barn style door

Y様邸の内装リフォームのお手伝いをさせて頂きました。 ドアの製作、施工や照明の納品など。




海外のインテリアでもよく見かける古い納屋のような鉄の吊り戸金具とレールを使ったスタイルで。ドアのデザインや色もご相談させて頂きました。あれこれとお話をしながら作って行く行程も楽しい物です。


持ち手も真鍮のパーツで。マイナスネジもいい感じ。


トイレ、脱衣所のドアも製作させていただきました。ご主人自らが塗装されたブルーグレーと海外品の真鍮のドアノブ、表示錠がとても良い雰囲気。


照明も真鍮と木を組み合わせたものを。10年後に見た時に、美しさが増したと思えるかどうか。内装のご提案では使う事でより価値が出るように、素材や耐久性などに配慮してプランニングさせて頂いています。


Y様ご夫妻自身、とてもセンスの良い方で、肩の力が抜けていながらも1本筋の通った道具選びをされていました。このぐらいの自然体がボクも好みです。棚もエピソの棚を気に入って下さり、自作されていました。水道管の色がエピソよりカッコいいじゃないか!早速どこで買われたのか教えて頂いたり。

売るだけじゃない、買うだけじゃない、お互いに暮らしのヒントをやりとりするような関係をお客様と作って行けるのは本当に嬉しい事です。





暮らしを楽しむための気持ちいい空間作りのお手伝いをさせて頂けましたこと、とても嬉しかったです。ボクも建築士ではないので何でもできるわけではないのですが、お家を建てる際に内装にお悩みの方、リフォームをする方、お店を出される方などなど、もしご興味があればお気軽にご相談下さいませ。





きっとまた、今を懐かしく思う時が来る。

以前のブログでも書いたことがあったのですが、90年代後半に大学の下宿先近くにあったポラダとかドリアデとか当時世界の最先端ブランドを取り扱うインテリアショップに足を踏み入れて、それまで家具や雑貨はホームセンターで買うものと思っていた僕は足の先までしびれるような衝撃を受けたものでした。

そんなおよそ場違いな僕が、ハイブランドひしめくお店の中で居酒屋のバイトの給料でも何とか手が出たのが柳宗理のテーブルウェアで、思えばそこから家具や雑貨の世界にのめり込んでいった気がします。

そこで買ったものは不覚にも割ってしまったり何度かの引越しで行方不明になったりと手元にほとんど残っていなかったのですが、20年近く経つ今でもずっと気になっている存在でした。

2千円ほどで手に入るものですがなぜ買い直さなかったかというと、その頃やっと入ったバイト代で手に入れた時の感動や使っている時のなんとも言えない至福感(半分は急に自分が世界に通じる大人の仲間入りをしたような自己満足みたいなものだと思いますが)は新品を買っても得られない気がしたからなのでした。形は同じだけど自分のモノではない。そんな感覚。


話は変わって先日、福井市の和田中にあったsix plus cafeさんが惜しまれながら閉店されました。自動販売機ですら車じゃないとたどり着けないような山間の農村に住む僕にとっては通勤路にあること、夜遅くまでやっていること、という2条件を満たすだけでも稀有な存在のお店でした。

いわゆるワークショップやイベントなどのライフスタイルカルチャーを発信するお店は今でこそたくさんありますが13年も前からそんなイベントをされてきた、まさに文化の発信地としては先駆者でいらっしゃったと思います。

まだまだ教わりたいことがたくさんだったのでとても残念だったのですが、最後の営業を終了されてから、お店で使われていた柳宗理のカップ&ソーサーを譲っていただきました。

オーナーの金子さんのセンスと知識の深さや考え方が、右も左もわからない手探りで初めてお店を経営する僕にとってはインスピレーションにつながっていて、いつも助けていただいていました。

お店をオープンしてそろそろ2年ですが、準備期間から含めて毎日が少なからず葛藤の連続。己のバックグラウンドの深みの無さに気付かされた日々でもありました。

そんな時、six plus c…